防衛の仕方

システムの基本

使えなくなった戦略

拠点と防衛ラインの配置

悪い防衛

手榴弾対策壁

トラップ通路

トラップ通路(罠増量)

スパイクトラップの作りだめ

省資源通路による防衛 (極寒向き)

トラップ通路による防衛 (短期クリア向き)

トラップ増量通路による防衛

砦による防衛

トンネル対策1 出城

トンネル対策2 沼利用 (湿地や針葉樹林)

トンネル対策3 壁内

城壁風トラップ通路による防衛 (デザイン重視)

崩落トラップ(ネタ)

ドロップポッド対応拠点の設計図

システムの基本

敵の行動
敵は、壁や扉で塞がれていない道を優先的に通ります。道が塞がれている場合は、壁よりも扉を攻撃します。例えば、迂回路と扉のある近道を作ると、敵は迂回路を通り、味方やキャラバン隊は扉を通ります。
肉食動物の行動
肉食動物は、小型の動物から優先的に狙います。周囲に小型動物がいない場合は、人間を襲うこともあります。壁や扉は攻撃しません。
殺人鬼化した動物の行動
殺人鬼化した動物は、人間のみを攻撃します。ペットは狙いませんし、壁や扉も基本的に攻撃しません。殺人鬼化した状態は、時間経過(24時間以内)で治まります。
味方の隣接
味方の遠距離攻撃は、射線上の味方に当たることもありますが、隣接している味方には当たりません。
柱の後ろから射撃
味方を柱の後ろや壁端の後ろに配置すると、そこから半身を出して敵を撃ちます。この方法だと、敵からの被弾率が下がります。
防衛ラインの位置
拠点の周囲に農業ゾーンを作り、その周囲に防衛ラインを作ると良いです。宇宙船も、防衛ラインの内側に建設します。中盤からドロップポッドによる襲撃も増えますので、防衛ラインが広すぎても良くないです。
橋は燃える
橋は木製ですので、火で燃えます。橋の上に岩壁を建設しても、橋部分が燃えます。防衛ラインや拠点外壁は、橋の上には作らない方が良いです。
スパイクトラップ(デッドフォール)
Beta19からスパイクトラップは使い捨てになりました。消費が激しいので、材質は木材が基本です。
狙撃銃の活用
ゲーム中盤から包囲タイプの襲撃者や古代船が増えます。これらは、遠距離から狙撃銃で攻撃し、向かって来たら防衛ラインに誘い込むのが効果的です。迫撃砲を併用・代用するのも良いです。
宇宙船
宇宙船を起動すると、15日間連続して襲撃者に襲われます。毎回襲撃者と正面から撃ち合うと、死傷者が回復する時間がありませんので、極力タレットやスパイクトラップで倒すと良いです。

使えなくなった戦略

デッドフォールの密集
Beta18までは、デッドフォール(現スパイクトラップ)を密集させこともできましたが、今のバージョンではできなくなりました。
扉による防衛
Beta18までは、扉を出入りして敵の攻撃をかわす戦略があったのですが、今のバージョンでは、扉が閉まるまでの間に敵も弾も通過してしまうため、以前ほど効果的には使えなくなりました。
マップ外周の壁
マップの一番外側を壁で囲うことで、包囲タイプなども直接トラップ通路に引き込むことができましたが、今のバージョンではドロップポッドタイプが多く、ドロップポッドから包囲する複合タイプまでありますので、以前ほど効果的ではなくなりました。

拠点と防衛ラインの配置

┌──────────┐
│          │
│   農業ゾーン   │
│  ┌────┐  │
│  │    │  │
│  │ 拠点 │  │
│  │    │  │
│  │    │  │
│  └────┘  │
│          │
│          │
└───────迎撃┌┘
      ────┘

マップの中央付近に拠点を築き、拠点の周囲に農業ゾーンを作り、その周囲を岩壁で囲い、岩壁の一部に開口部を作り、その開口部で迎撃します。これが全体の配置です。

多くの襲撃者は、迎撃部分で殲滅できます。トンネルタイプは、農業ゾーンで迎撃します。包囲タイプと古代船は、狙撃銃で刺激して、防衛ラインに誘い込みます。ドロップポッドタイプは、拠点内に扉を増やして対応します。

拠点がマップ端にあると、包囲タイプへの対応が遅れます。拠点や農業ゾーンが無駄に広いと、厄介な位置に古代船やドロップポッドが落ちる可能性が増えます。宇宙船を起動した後の連続襲撃は熾烈ですので、できるだけ防衛ラインで対応できた方が良いです。

悪い防衛

SteamのRimWorldのページに掲載されている動画や画像は、RimWorldを紹介するために作られた防衛であって、お手本ではありません。

土のうの後ろから射撃するだけの防衛では、味方の被害も大きいです。敵の遠距離攻撃も苦手ですし、移動の速い動物も苦手です。スパイクトラップで守り、スパイクトラップで倒し切れなかった敵を銃で倒しましょう。

タレットは、攻撃も守備も弱い上に、破壊されると爆発します。タレットで敵を倒すというより、タレットを囮にして入植者の被害を減らす程度の効果です。タレットよりも、強い銃ペットの方がおすすめです。

手榴弾対策壁

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■   ■
 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■   ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■  ■ ■
 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

拠点の周囲を2マス幅の壁で囲っても、手榴弾を持った襲撃者には簡単に破壊されます。同じ壁量を使うなら、図のようなジグザグの壁の方が少し強いです。

例えば、敵に4の壁を狙われても、1や2に当たることが多いです。1が破壊された後で5を狙われても、3や4に当たることが多いです。攻撃が分散するので、少しだけ時間稼ぎできます。

欠点は、建設する際に注意深く見ていないと、入植者が壁の中に閉じ込められてしまうことがあることです。

トラップ通路

■ 罠■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■   罠   罠   罠   罠   罠  ■
■ 罠   罠   罠   罠   罠    ■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■罠 ■

防衛ラインの先などにトラップ通路を作っておくと、少々の敵ならスパイクトラップだけで撃退できます。徐々に通路を延長していけば、大軍にも対応できます。

上記のような配置だと、入植者やペットや訪問者はジグザグに避けて移動することができますが、敵は罠にかかります。罠を避ける襲撃タイプもありますが、少しはかかります。

トラップ通路(罠増量)

                       ■■
■ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  ■
■  罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠  土扉 ■
■ 扉 扉 扉 扉 扉 扉 扉 扉 扉 扉 ■  ■
■罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠土扉 ■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ■  ■

上記のような3マス幅の通路だと、2マス幅通路の2倍のスパイクトラップを設置できます。襲撃者も殺人鬼化した動物も、この罠を避けることはできません。撤退する敵に扉を攻撃されても、右の扉から射撃できます。

ただ、2マス幅のトラップ通路を延長した方が資材の消費量が少ないです。敵にトラップを避けられないことと、省スペースなことが利点です。

スパイクトラップの作りだめ

罠2罠2罠2罠2罠2罠2
343434343434
罠2罠2罠2罠2罠2罠2
343434343434
罠2罠2罠2罠2罠2罠2
343434343434

スパイクトラップは使い捨てのため、防衛ラインのすぐ内側で作りだめしておくと良いです。

手順としては、まず上図の罠の位置にスパイクトラップを作り、全てをアンインストールし、それから2の位置にスパイクトラップを作ります。アンインストールしてあれば、隣に建築できます。あとはこれの繰り返しで、3、4の位置にもスパイクトラップを建設します。

この方法だと、少ないスペースに密集させることができます。スパイクトラップは屋外でも劣化しませんので、備蓄ゾーンに運搬する必要もありません。また、発動したスパイクトラップの位置に再展示するだけで良いので、建築スキルがない入植者でも運べますし、即座に次の襲撃に備えることもできます。

省資源通路による防衛

                       ■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■味 ■
                      土味味■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■味 ■
                         ■
                         ■

海氷や大氷原でおすすめの迎撃方法です。使う資源が少ないですし、少人数でも守れますし、積雪も都合が良いです。

1マス幅の通路で待ち構えると、敵を遠距離から狙い撃ちできます。敵が遠距離攻撃で撃ち返してきても、前を走る敵に当たります。遠距離武器だけでは接近された時に弱いので、狙撃銃、レイルガン、チャージライフル、ロングスウォードなどを組み合わせると良いです。

海氷や大氷原は、仕事量的にも食料的にも少人数の方が都合が良いので、入植者4人程度で一気にクリアしてしまえば、襲撃者もそれなりの人数までしか増えません。包囲タイプには対応できませんので、迫撃砲もあった方が良いです。

トラップ通路による防衛

                       ■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■扉■■■■狙 ■
   罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠土狙狙■
■■扉■■■扉■■■扉■■■近■■■散■■■■狙 ■
              散          ■
                         ■
    近:近接武器 または 自動式ショットガン
    散:自動式ショットガン
    狙:狙撃銃

1マス幅の通路にスパイクトラップを敷き詰めると、罠を避けるタイプの襲撃者もかかりますし、野生動物も次々とかかります。さらに、スパイクトラップでスタンしている敵を狙撃銃部隊が狙い撃ちます。敵が遠距離攻撃で撃ち返してきても、前を走る敵に当たります。

遠距離攻撃してくる敵より、大人数で突進してくる敵の方が危険です。狙撃銃部隊が敵に隣接されるのを防ぐために、手前の扉部分から近接攻撃と自動式ショットガンで迎撃します。数的有利な状況で各個撃破できますし、扉部分からなら敵の遠距離攻撃も当たりにくいです。

1マス幅の通路にスパイクトラップを敷き詰めるには、通路の横に扉が必要です。通路に扉があると、撤退する敵に扉を攻撃されますが、その敵も遠距離から倒せます。入植者やペットや訪問者のために、ショートカット用の扉も用意しておくと良いです。

攻守ともに非常に優秀ですが、欠点が3つあります。野生動物に対しても次々と発動するため、木の多い地域でないと材料不足になります。撤退時に扉を攻撃する敵を狙い撃つため、狙撃銃の届く範囲までしか通路を延長できません。配置できる味方の人数に限りがあるため、敵が20人以上になると厳しくなります。

通路迎撃

狙撃銃の射程外は、2マス幅のトラップ通路を作っておくと良いです。敵の人数が増えても、ある程度は対応できます。通路部分に木が生えると遠距離攻撃が当たり辛くなるので、屋根を張っておくと良いです。

トラップ増量通路による防衛

                         ■扉
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  ■
   罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠土扉 ■
■■扉■■■扉■■■扉■■■扉■■■扉■■■扉 ■  ■
■罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠土扉 ■
■ 扉■■■扉■■■扉■■■扉■■■扉■■■扉■■  ■
■罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠土  ■
■■扉■■■扉■■■扉■■■扉■■■扉■■■扉■■  ■
                           ■

1マス幅の通路を折り返すことで、スパイクトラップの数を増やします。撤退する敵が扉を叩き始めたら、狙撃銃部隊がその列へ移動し、遠距離からトドメを刺します。

トラップ通路による防衛と同じように狙撃銃中心に守ることもできますし、この図の下や右に砦による防衛をつなげるのも良いです。

砦による防衛

        ■■■■■■■■■■■■■■
        ■   罠   罠   罠
        ■ 罠   罠   罠   罠
  ■扉■■■■■  ■■■■■■■■■■■■■
  ■       罠          土タ■
  ■                  土■■
  ■                   ■
  ■                  土■■
  ■                  土タ■
  ■                  土■■
  ■                   ■
  ■                  土■■
  ■                  土タ■
  ■                  土■■
  ■                   ■
  ■土土土土土土土土土土土土土土土土土土土■
 ■■扉■扉■扉■扉■扉■扉■扉■扉■扉■扉■

近距離が強い銃は射程外から攻撃されるのが弱点で、射程が長い銃は接近されると弱いです。その弱点を解消するのが、上図のような砦です。

迎撃部分の周りを囲うことで敵の遠距離攻撃を防ぎ、通路を出た所で味方とタレットの集中砲火で一気に倒します。中近距離が得意な武器をそろえることで、さらに有利になります。中近距離が強い武器は、自動式ショットガン、火炎筒投射機、ガトリング銃、チャージライフルですが、どの武器を主力とするかで、砦のサイズも多少変わります。

この図ではタレットを置いていますが、実際は銃の方が強いです。入植者が増えたら、砦の横側にも入植者用の扉を設置した方が良いです。

この防衛ラインの利点は、長時間ゲームを続けても、入植者の人数に合わせて砦を強化できる点です。弱点は、味方にもそれなりに死傷者が出るため、宇宙船起動後の連続襲撃には弱いです。通路を延ばしてスパイクトラップの数を増やすことで、少しでも敵の数を減らしておくと良いです。

トンネル対策1 出城

  ■■■■■           敵

■■■■扉■■■■
  土扉 扉土          敵
  土■ ■土
  土扉 扉土
  土■ ■土
  土扉 扉土
  土■ ■土
  土扉 扉土
  土■ ■土
  土扉 扉土
  土■ ■土
  土扉 扉土
  土■ ■土
 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ 扉 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■   ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

       ↓拠点

手榴弾を持ったトンネルタイプの襲撃者は、壁を破壊される前に倒すのが基本です。壁の一部に図のような出城を作っておくと、万全の態勢で先制攻撃できます。手榴弾持ちを倒した後は、そのままそこで戦うのも良いですし、防衛ラインに誘き寄せるのも良いです。

あらかじめ手榴弾対策壁で囲っておくと、何度か手榴弾を投げられても、多少時間稼ぎできます。

包囲タイプの襲撃者を攻撃するなどの理由で壁の外に出た際は、土のうのない先端部分の扉から帰還します。

トンネル対策2 沼利用

沼防衛

巨大な沼や浅瀬などに沿って防衛ラインを作ると、その方面から来る敵を遠距離攻撃で一方的に攻撃できます。トンネルタイプの襲撃者に対して効果的です。

桂馬飛び(2つ先の隣)の間隔で壁を作ると、地形に合わせてカーブを作れます。沼などがない方面は、出城で守ると良いです。

トンネル対策3 壁内

        敵敵敵
■■■■■■■■■敵■■■■■■■■■■
  味岩     敵     岩味
  味岩           岩味
  味岩           岩味

       農業ゾーン



 ■ ■味■ ■ ■ ■ ■味■ ■ ■
       味 味 味
■■■■扉■■■■■■■■■■■■■■■
   ■ ■      ■     ■
   ■ ■  拠点  ■     ■

拠点の周囲を壁で囲っても、トンネルタイプの襲撃者には壁を破壊されます。そこで、壁が破壊されることを前提に、壁の内側で一斉射撃できるように隊形を整えると良いです。

敵の攻撃場所が判明したら、その両サイドに岩の塊の備蓄ゾーンを作り、入植者に岩の塊を運搬させ、その後ろから自動式ショットガンなどで攻撃します。味方の人数が多い場合は、拠点の周囲に柱(1マスの壁)を建てておくのも良いです。

味方の同士討ちは避けなければなりませんので、武器と配置には注意が必要です。射程の短い自動式ショットガンの場合は、上図のように両サイドから挟み撃ちすれば良いですが、射程の長いガトリング銃やチャージライフルの場合は、片側に集めた方が良いです。

城壁風トラップ通路による防衛

 ■■■
■   ■■■■■■■■■■■■■閉■■■■■■■
■ 味 土閉罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠 罠
■味味味■閉■■■閉■■■閉■■■閉■■■閉■■■
 ■土■
 ■開開
 ■罠■
 ■ ■
 ■罠■
 ■ 閉
 ■罠■
 ■ ■
 ■罠■
 ■ 閉
 ■罠■
 ■ ■
 ■罠■
 閉 閉
 ■罠■
 ■ ■
 ■罠■
 ■ 閉
 ■罠■
 ■ ■
 ■罠■
 ■ 閉                  拠点
 ■罠■
 ■ ■
 ■罠■
 ■ 閉
 ■罠■
 ■ ■
 ■罠■
 開 閉  ←敵用の入り口
 ■罠■   ここから北上させる
 ■ ■
 ■罠■
 ■ 閉
 ■罠■
 ■ ■
 ■罠■
 ■ 閉
 ■罠■
 ■ ■
 ■罠■
 ■閉閉
 ■土■
■   ■
■   ■
■   ■
 ■土■
 ■閉閉
 ■罠■

トラップ通路による防衛を組み合わせて、拠点の周囲を囲います。狙撃銃の射程を考えて、45マス間隔で射撃場所を作ります。このパターンを繰り返せば、どの拠点でも城壁で囲うことができます。

特定の扉を開放状態にすることで、敵を誘導します。連続して襲撃が発生した場合も、扉の開放場所を切り替えるだけで、別のスパイクトラップへ誘導できます。

実際は、迎撃場所1か所と農業ゾーンを囲う壁があれば十分ですので、このような城壁は不要です。大軍にも対応できません。どちらかというと、デザイン重視です。

崩落トラップ (ネタ)

岩山にも屋根があるのですが、右下メニューの[屋根の可視切り替え]で深緑色で表示される部分は、撤去できない岩の天井です。この部分と周囲の壁と天井を全て解体すると、天井の岩が崩落し、その下にいた人は即死します。

この岩天井を支える柱を破壊寸前まで傷つけて、そこに敵を誘い込み、この柱を銃などで破壊すれば、崩落によって敵数人を撃退できます。この崩落トラップは、採掘すれば何度でも再利用できます。

■■■■■
     ■         ■■
      ■■■■■■■■■味 ■
    ■         土味 ■
      ■■■■■■■■■味 ■
     ■
■■■■■

システム的には面白いのですが、都合の良い場所に都合の良いサイズの岩山がないと利用できませんので、実用性は低いです。崩落で即死させたら捕虜にできませんし、残りの敵とは普通に戦わなければなりませんし、虫が湧くリスクもあります。私個人としても、ネタとして知っているだけで、利用しません。

代替手段として、屋根ゾーンを崩落させる利用方法があるのですが、この屋根には敵を倒せるほどのダメージはありません。