2日間のポイント

1日目の目標と注意

1日目の目標は、拠点の場所を決めて、そこに寝室と備蓄部屋を作ることです。Beta19では、備蓄ゾーンを部屋化しておかないと、アイテムが劣化するようになりました。

初心者の方にありがちな行為は、時間を止めないことと、いきなりたくさん命令してしまうことです。このことに注意しないと、初日に野宿することになります。

時間停止

ゲームを開始したら、まずは時間を停止させましょう。時間経過のボタンは画面右下にあります。(半角)スペースキーでも停止できます。

武器を装備

降下地点の周辺には、色々な物資が落ちています。

武器の位置を確認したら、射撃スキルが高いキャラクターには銃、格闘スキルが高いキャラクターにはナイフを装備させます。落ちている武器は、開始時に設定したシナリオによって異なります。不時着(Crashlanded)のシナリオで開始した場合は、高性能の防具も落ちています。

各キャラクターに武器を装備させたら、再度時間を停止します。

拠点の場所を決める

マップの端から敵が侵攻してきますので、マップの端は危険です。マップ中央や岩に囲まれた地形が拠点に適しています。

次に重要なのが、間欠泉が近くにあることです。間欠泉を拠点内に組み込めば、燃料不要の暖房設備になりますし、将来的には地熱発電に利用できます。寒い土地では特に重要です。

採掘して山の内部に部屋を作るのは危険です。イベントで洞窟内に虫(メガスパイダー,スペロピード,メガスカラベ)が発生することがあるのですが、この虫は入植者が全滅しかねないほど強いです。初心者の方は、温度調整や発電機の設置場所にも苦労すると思います。

誤って洞窟のある地形を選んでしまった場合、いきなり全員でキャラバン隊を編成し、そのエリアを放棄し、近くに移動した方が良いです。それほど虫は危険です。

拠点を設計する

命令コマンドにある[予定地]を使うと、拠点の設計図をメモできます。あらかじめ拠点全体を設計しておくと、部屋・備蓄ゾーン・農業ゾーン・発電機の位置で失敗しにくくなります。

初心者の方は、拠点の設計図を参考にしてください。

指示

誰が何をするかは、[優先順位]で設定します。チェックが入っていない行動はしません。入植者が3人いる場合は、1人に建設させて、残りの2人に運搬や伐採をさせましょう。

具体的な行動をすぐに指示したい場合は、キャラクターを選択し、対象物を右クリックして、行動を選択します。この直接指示は、[優先順位]よりも優先されます。

初心者の方にありがちなのが、やたらと指示を出すことです。運搬はすぐに必要な物だけ、伐採は建設の邪魔になる部分だけ指示を出すと良いです。また、全員で運搬し、全員で伐採し、全員で建設しようとする方もいらっしゃいますが、それは非効率です。建設が得意な人物が建設担当、栽培が得意な人物が伐採運搬担当、どちらも得意でない人物が運搬担当が良いです。

備蓄部屋の建設

Beta19では、備蓄ゾーンを部屋化しておかないと、アイテムが劣化するようになりました。

寝室のサイズで備蓄部屋を作り、ここに初期アイテムを入れておきます。初期アイテムを消費し尽くしたら寝室として利用し、別の場所に備蓄部屋を建てます。最初に大きな備蓄部屋を建てるより、この方法の方が初日の建設が早く完了します。

木材と食料の運搬

不時着した場所の周辺には、物資が散らばっています。すぐに建築を始める必要がありますので、まずは木材を運びます。食料は野生動物に食べられてしまいますので、こちらも優先的に運搬します。

寝室の建設

夜が来るまでに、入植者の寝る部屋とベッドを建設します。部屋を完成できないと、室温が低かったり、野生動物に襲われたりしますので、時間がない場合は相部屋でも十分です。

既存の壁を利用して部屋を作る場合は、命令コマンドの[領有を主張]を使って、その壁を自分達の壁にします。

建設のポイントは、一部屋ずつ確実に完成させることです。壁1つ欠けただけで部屋は完成しませんので、いきなり複数の部屋を建設しない方が良いです。

材質

扉も壁も家具も、基本的に木材で作ると良いです。木製は完成が早いですし、木はマップ内に自然に生えますし、農業ゾーンで栽培することもできます。木材を控えるのは、地形が砂漠や大氷原などの場合です。

スチールは、発電機や製造台などに使用し、後々宇宙船建造で大量に必要になります。壁などに使うのは勿体ないです。

その他の運搬

医療品とコンポーネントも、そのまま放置すると徐々に劣化します。運搬しましょう。

時間的に余裕がある場合は、スチールも運搬します。スチールは屋外でも劣化しませんが、翌日の発電機などの建設で必要になります。

岩の塊は屋外でも劣化しませんし、しばらく使用しませんので、そのまま放置します。

2日目の目標と注意

食料は、氷点下にすると腐らなくなります。2日目の目標が、冷凍室を建設することです。

冷凍室とクーラーの位置は、拠点の設計において非常に重要なポイントです。最初はどうしても適当になってしまいますが、失敗して[予定地]の重要性に気付くだけでも大きな前進です。

開始時のシナリオでロストトライブ(Lost Tribe)を選択した場合、電力関連の研究から始めなければなりませんので、しばらくはペミカンで過ごすことになります。

発電機

太陽光発電は、夜や日食は稼働しません。火力発電は、木材を消費します。風力発電は、夜や悪天候に発電量が増えますが、広いスペースが必要です。地熱発電は、24時間安定して発電しますが、間欠泉の上にしか建設できません。

Beta19では、不時着(Crashlanded)やリッチエクスプローラー(The Rich Explorer)でもバッテリーと太陽光発電が未研究の状態で開始されますので、最初は風力発電機から建てるのがおすすめです。バッテリーなしでは電力が安定しませんが、冷凍室のクーラーの設定温度を十分下げておけば、生肉でも長時間保存できます。

風力発電機には広いスペースが必要ですので、農業予定地に建設すると良いです。風力発電機の前後に木や建物があると発電量が激減しますので、発電機建設と並行して伐採しておきます。

木が豊富な土地では、火力発電も悪くないです。継続的に燃料と手間がかかりますが、バッテリーなしでも電力が安定します。

クーラーと冷凍室

発電機を作ったら、食料備蓄ゾーンの室温をクーラーで氷点下に下げて、食料を永久保存できるようにします。これが序盤の最優先事項です。

クーラーの数は、部屋の広さと外気温によります。部屋が広すぎると室温を氷点下まで下げられませんので、最初は狭めの部屋(40マスくらい)にクーラーを2つ付けて、冷凍室の壁を2マス幅にします。これで、熱波が来ても氷点下を維持できます。

クーラーは、室温を下げると同時に熱を排出します。この熱を暖房に利用する方法もあるのですが、拠点の設計が少々難しくなりますので、拠点外に排出するのが基本です。

建築担当者以外の行動

建築担当者は冷凍室建設で忙しいので、その他の味方が伐採や運搬を担当します。遠方にも、非常用食品やスチールが散らばっています。

その後

冷凍室を完成させたら、いよいよ本格的な惑星生活を開始します。続きは1週間のポイントをご覧ください。