気候別攻略ポイント

おすすめプレイ順序

このページの紹介順にプレイするのがおすすめです。

温帯森林で基本を覚え、熱帯雨林でペットと共に戦い、針葉樹林で温室栽培を経験し、極限の砂漠でペットやスパイクトラップに頼らない防衛を模索し、大氷原で管理と効率を徹底すれば、もうRimWorldを知り尽くしたと言えます。

その後も、高難易度や海氷に挑戦したり、MODを試したりと、まだまだ楽しめます。

温帯森林

熱帯雨林・熱帯湿地

針葉樹林

極限の砂漠

大氷原

温帯森林 (難易度★)

地域差が大きい
温帯森林でも、植物の生長期間が一年中の所もあれば、半年の所もあります。一年中なら、大規模農業も可能です。半年なら、温室栽培もあった方が良いです。
豊富な木
木が豊富なので、スパイクトラップを大量に設置することもできます。通常の襲撃なら、これだけで撃退できます。家具を大量に作って、品質の良い物を使い、悪い物を交易で売るのも良いです。
発熱に注意
木が豊富だからと言って、トーチランプや焚き火を多用するのは危険です。これらは熱を発しますので、部屋が暑くなります。カマドや火力発電や溶鉱炉も発熱します。
熱波と寒波
基本的に温暖な気候ですが、熱波も寒波も起こり得ることに注意が必要です。熱波が発生すると、冷凍室の氷点下を維持するのが難しくなります。寒波が発生すると、農作物が枯れてしまいます。食料はできるだけ備蓄した方が良いですが、料理は作り過ぎない方が良いです。
豊富な動物
アルパカとマッファローは、手なずけやすく、雑草を食べるのでエサもいりません。繁殖させて、資金源にするのも良いです。リリース向きの動物がいないことが、温帯森林の欠点です。
落雷に注意
木や草が豊富ということは、落雷が大火災に発展しやすいということです。拠点の外壁や防衛ラインは、絶対に岩壁で作りましょう。
豊富な資金源
ペットでも、木製家具でも、農作物でも資金を稼げます。生長期間が一年中の場合は、大量のデビルストランドを育て、デビルストランド製防具を作り、不要な物を売ると良いです。

熱帯雨林・熱帯湿地 (難易度★)

温帯森林とは異なる生態系
木が豊富な点や農業に適している点は温帯森林と同じですが、動植物の種類が大きく異なります。温帯森林に飽きたら、熱帯雨林でプレイしてみましょう。
キャラバン隊の移動が遅い
熱帯雨林や熱帯湿地は、キャラバン隊の移動が遅いです。移動が遅いと、それだけ拠点に隙が出来ますし、キャラバン中に敵と遭遇するリスクも増えます。ゲーム開始時の降下地点で温帯森林やサバンナとの境界付近を選べば、そちらの方面への交易やイベントには行きやすくなります。
ゾウ
熱帯雨林や熱帯湿地にはゾウが生息しています。ゾウは、運搬もできるし、駄載獣にもなるし、敵と戦わせても強いです。調教スキルの高い入植者を加えて、ゾウ集団を作りだすのが、熱帯雨林の醍醐味です。
沼が多い
熱帯雨林には沼が多く、熱帯湿地はさらに多いです。橋を建築すれば、その上に壁も建築できますので、拠点作りの大きな障害にはなりません。橋が火災に弱いのが欠点です。慣れれば、沼の移動の遅さを防衛に活かすこともできます。
温帯森林以上に農業向き
温帯森林よりも生長期間が長く、寒波も起きないので、大規模農業に最適です。デビルストランドを大量に育てておけば、優秀な防具をそろえることができますし、余った防具を売って資金も稼げます。
疫病が多い
熱帯雨林や熱帯湿地では、疫病が発生しやすいです。医療スキルが高い人物や超免疫力を持つ人物が活躍します。

針葉樹林 (難易度★★)

温室栽培
室内に太陽灯を設置すると、そこで温室栽培ができます。温室栽培をすることで、一年中安定して農作物を育てることができます。短時間で成長する米は、夏場に屋外で育てても良いですが、成長の遅いデビルストランドなどには、温室栽培が必要です。
ヒールルートは寒さに強い
農作物は、気温-10度以下で枯れ始めるのですが、ヒールルートは寒さで枯れません。ヒールルートを育てるなら、屋外でも問題ありません。
木が豊富
針葉樹林は、温帯森林と同じくらい木が豊富です。スパイクトラップで守るのも良いですし、家具を売ってお金を稼ぐのも良いです。
カリブーとマッファロー
マッファローは、駄載獣になります。カリブーは、リリースを調教することができます。どちらからもミルクが採れて、敵と戦わせても強いです。
冬場は雑草がない
冬には雑草がなくなりますので、草食動物を大量に飼うと、エサ不足になります。暖かい時期に牧草を大量に植えておくと良いです。
野生動物を引き寄せて倒す
冬場は雑草がないので、拠点外に食べ物を置けば、そこに野生動物が集まって来ます。そこへの経路にスパイクトラップを仕掛けておけば、次々と肉が手に入ります。
沼が多い
湿地ほどではありませんが、針葉樹林にも沼が多いです。場所によっては、防衛に利用できます。

極限の砂漠 (難易度★★★)

木材が貴重
極限の砂漠では、木は自然に生えません。ゲーム開始時の木材は特に貴重ですので、材質を選択できる場合は木材以外を選ぶと良いです。研究によって植樹も可能になりますので、早めに研究を済ませておくと良いです。
序盤は壁とフロアの解体
壁やフロアに貴重な木材を使うのはもったいないです。既存の壁やフロアを解体し、その岩ブロックで拠点や家具を作ると良いです。
砂利で農業
農業が可能な土は砂利だけです。植えられる場所が限られますし、収穫までに時間がかかりますので、早め、広めに植えるように心がけると良いです。作物の成長速度が肥えた土の半分でも、2倍の面積に作付けすれば、収穫量は同じです。
ペットのエサ
動物がほとんどいないので、肉食動物は生存できません。雑草も生えないので、草食動物も生存できません。開始時のペットはすぐに処分し、その後も食料に余裕ができるまで飼わない方が良いです。襲撃者の死体を専用の冷凍室に入れ、それを肉食動物や雑食動物に食わせる方法もあります。
柔砂
柔砂に壁を建てることはできませんが、扉なら建てられます。扉を連続させれば、部屋化も可能です。とは言え、床も張れないし、重い物も置けないので、拠点には不向きです。利用するなら、防衛です。
防衛が難しい
木材が貴重で、動物を飼うのも大変なので、防衛の難易度は高いです。タレットは太陽フレアに弱いので、入植者の人数と装備が防衛の基本です。
イベントも難しい
お宝イベントや前哨基地破壊などは、[凶暴の波動]を利用すると楽にクリアできるのですが、砂漠には動物がほとんどいないので、普通に銃撃戦を挑むしかありません。
常に人手不足
木が自然に生えないので、植樹の手間がかかります。ペットのエサにも苦労しますので、運搬も基本的に人が担当します。基本的な素材が岩ブロックのため、ストーンカッターの作業も多いです。雑用しかできない人物でも、極限の砂漠では必要な人材です。
スランボに注意
スランボが発生すると、せっかく育てた木や農作物を次々と食べられてしまいます。農作物を壁で囲うか、スランボを倒してしまいましょう。

大氷原 (難易度★★★★)

拠点内に間欠泉
間欠泉は、燃料不要の暖房で、将来的には地熱発電に利用できます。間欠泉を囲むように拠点を作ると良いです。
太陽フレア対策は小さな拠点
拠点は可能な限りコンパクトにし、そこに間欠泉を入れれば、太陽フレアが発生しても、死なない程度には暖まります。
徹底したスチールの節約
大氷原では、太陽灯と水耕栽培器で農業をします。当然、その分の発電機も必要です。その他の部分で徹底的にスチールを節約しないと、スチール不足に陥ります。
木材は非常に貴重
大氷原には木がありません。植樹もできません。基本的に購入することでしか入手できませんので、初期アイテムの木材は非常に貴重です。
初日から研究
バッテリーも水耕栽培器も、研究しなければ作成できません。初期食料が尽きる前にこれらの研究と建築を終えなければ、そこで全滅です。初日から研究しましょう。
ペット
ペットのエサなどありませんので、初期ペットは初日に処分しましょう。食料を生産できるようになっても、マッファロー1頭くらいしか飼う余裕はありません。それ以上飼いたい場合は、食事量の少ない肉食動物がおすすめです。肉食動物なら、襲撃者の死体をエサにすることもできます。
食料は多めに備蓄
太陽フレアやショートが発生すると、あっという間に水耕栽培器の作物が傷みます。食料は、多めに備蓄しておいた方が良いです。
スランボ狩り
水耕栽培器でデビルストランドを育てることができません。終盤の防具の素材として、積極的にスランボを狩ると良いです。スランボの毛皮は、素材の中で最も寒さに強く、ハイパーウィーブに次ぐ防御性能を持っています。
ドラッグで金稼ぎ
ドラッグは、交易で高値で売れます。水耕栽培器でサイコイドの木やスモークリーフの木を育てたり、交易でニュートロアミンを購入すれば、ドラッグを精製できます。
屋根
積雪によって、移動速度が大幅に低下します。拠点外であっても、よく通る道には屋根を張っておいた方が良いです。暗いことによる速度低下より、積雪による速度低下の方が影響が大きいです。
迫撃砲
積雪で移動速度がかなり遅いので、マップ端の包囲タイプ古代船に対しては、迫撃砲の方が戦いやすいです。