襲撃対策

襲撃者

襲撃者の人数
こちらの資産(人+ペット+拠点+備蓄アイテム)が増えるほど、襲撃者の人数が増え、装備も強力になります。必要以上に拠点を広げたり、アイテムを蓄えるのは危険です。
派閥と装備
連合体と宙賊は、近代的な装備です。蛮族は、古代の装備です。メカノイド(機械化生命体)は、武器も体力も強力です。
連合体と蛮族は、中立以上の関係になると襲われなくなりますが、その分、宙賊やメカノイドに襲われる機会が増えます。蛮族とは、あえて敵対するのも良いです。
撤退
襲撃者が人の場合、過半数を戦闘不能にすれば、敵は撤退を開始します。敵の近くに倒れた入植者や金目の物がある場合、襲撃を切り上げて略奪に転じることもあります。ここで連れ去られた入植者とは、奴隷や人質イベントで再会することもあります。
メカノイド(機械化生命体)の場合、全員が戦闘不能になるまで戦い続けます。途中で撤退することはありません。

主な戦術

防衛ライン
スパイクトラップを敷き詰めた通路に敵を誘い込み、そこを突破した敵を味方の遠距離攻撃で倒します。木の豊富な土地なら、スパイクトラップだけで撃退できます。詳細は防衛の仕方をご覧ください。
待機ペット
1マスの制限ゾーンを利用して敵の侵入経路にペットを待機させ、敵がペットを攻撃している間に入植者が遠距離攻撃します。調教が必要ないので、ペットを使い捨てできるのが特徴です。
突撃ペット
ペットをリリースで敵に突撃させて、入植者と共に攻撃します。ペットに犠牲は出ますが、入植者の負傷は減ります。ゾウやカリブーのいる地域で特に効果的です。どの動物が強いかは、おすすめペットにまとめてあります。
遠距離攻撃
防衛ラインの外に出て、遠距離から厄介な敵を倒し、向かって来たら防衛ラインに誘い込みます。狙撃銃が1つあるだけで、戦略の幅が広がります。
迫撃砲
拠点から迫撃砲で敵を攻撃します。命中率は非常に低いですし、砲撃間隔も長いですが、非戦闘員でも防衛に貢献できるのが利点です。

襲撃タイプ

殺人鬼・ヒト狩り集団

通常タイプ(準備)

通常タイプ(すぐ)

トンネルタイプ

包囲タイプ

汚染された船・サイキック船

虫の襲来

輸送ポッド頭上

前哨基地・お宝イベント

襲撃テスト

殺人鬼・ヒト狩り集団

敵の行動
殺人鬼化した動物は、人だけを狙います。壁や扉は、基本的に攻撃しません。
攻撃方法評価コメント
防衛ライン罠の数次第で無傷・自動で撃退完了
待機ペット木材の貴重な土地で効果的
突撃ペット無駄な消耗
遠距離攻撃2発目を撃つ前に近付かれる
迫撃砲×動物の接近が速すぎる

対処法
殺人鬼化した動物との間に壁や扉のない通路があれば、敵は最短距離で向かって来ます。拠点への通り道に十分なスパイクトラップを敷き詰めておけば、自動で撃退できます。
殺人鬼の数があまりにも多い場合、拠点内にじっと隠れていれば、時間経過で敵の殺人鬼化が治まります。
最も危険なのが、採掘や運搬などで拠点から遠く離れている時に、その近くで殺人鬼が発生した場合です。多くの動物は人よりも移動速度が速いので、拠点に逃げ帰ることもできません。マップの端には極力近寄らないのが基本で、ペットを調教してあれば追従させるのも良いです。

通常タイプ(準備)

敵の行動
到着後しばらくうろうろし、それから壁や扉を避けて拠点に向かって来ます。壁と扉で囲まれている場合は、扉を攻撃します。
攻撃方法評価コメント
防衛ライン罠の数次第で無傷・自動で撃退完了
待機ペット木材の貴重な土地で効果的
突撃ペット無駄な消耗
遠距離攻撃襲撃前に一方的に攻撃可能
迫撃砲襲撃前に一方的に攻撃可能

対処法
敵はしばらくマップ端でうろうろとしていますので、この間に遠距離から一方的に攻撃できます。敵は攻撃を受けると反撃の準備をしますが、一旦逃げて距離を離せば、またうろうろとします。襲撃前に敵の数を減らしておけば、スパイクトラップの消耗も減らせます。
防衛体制が十分に整っているなら、襲われるまで拠点で仕事をしていても良いです。拠点の近くで迎撃すれば、捕虜やアイテムの回収も楽です。

通常タイプ(すぐ)

敵の行動
到着後すぐに襲って来ます。それ以外は準備タイプと同じです。
攻撃方法評価コメント
防衛ライン罠の数次第で無傷・自動で撃退完了
待機ペット木材の貴重な土地で効果的
突撃ペット無駄な消耗
遠距離攻撃極寒の地では有効
迫撃砲極寒の地では多少有効

対処法
拠点への通り道にスパイクトラップを十分敷き詰めておけば、機械化生命体であろうと、自動で撃退できます。[利口な戦術]と書かれたタイプの襲撃者はスパイクトラップを避けて通りますが、1マス幅のトラップ通路なら確実に発動します。
対応が難しいのは、木材が貴重な大氷原や海氷の場合です。ここではスパイクトラップに頼れません。積雪で移動速度が遅くなっていますので、遠距離攻撃が活躍します。敵の侵入経路にマッファローを配置して、そこで迎撃するのも良いです。

トンネルタイプ

敵の行動
壁や扉や岩山を破壊して、拠点へ侵入します。手榴弾などを装備した敵もいます。壁破壊を担当するのは、先頭を走る敵です。
攻撃方法評価コメント
防衛ライン先に壁破壊役を倒せば来る
待機ペット狙われた壁の内側で待機
突撃ペット犠牲にするのはもったいない
遠距離攻撃遠距離から手榴弾持ちを狙い撃ち
迫撃砲なかなか当たらない

対処法
防衛ラインの外に出て、先頭を走る壁破壊役を遠距離攻撃で倒せば、残りの敵をトラップ通路に誘き寄せることができます。襲撃人数が増えるほど、壁破壊担当者全員を先制攻撃で倒すのが難しくなりますので、狂気の槍を併用すると良いです。
壁の内側で集中攻撃する場合は、敵の侵入経路にペット数頭を待機させると良いです。ペットに大量の犠牲がでますが、味方の被害は減ります。運搬やリリースを調教したペットを犠牲にするのはもったいないので、その他のペットで十分です。
最も困難なのが、3グループに分かれて攻撃してくるトンネルタイプです。最も接近が早いグループを壁外に出て倒し、グループの1つを待機ペットで時間稼ぎしている間に、もう1グループを壁外か壁内で倒し、最後にペットの応援に駆けつけます。味方を分散させて対応する方法もあるのですが、状況把握が難しいので、1つずつ対応した方がミスが少ないと思います。
個人的には、一番厄介な襲撃タイプだと感じています。シルバーが余っている場合は、小まめに狂気の槍を買い集めておくのも良いです。

包囲タイプ

敵の行動
輸送ポッドで資材を投下し、迫撃砲を建築し、そこから拠点を砲撃します。敵の何体かを倒すと、通常の襲撃に切り替わります
攻撃方法評価コメント
防衛ライン通常襲撃に切り替わった後で活躍
待機ペット防衛ラインで待機すると良い
突撃ペット消耗戦は確実
遠距離攻撃先制攻撃で敵を倒せれば楽勝
地形によっては狙いにくいこともある
迫撃砲迫撃砲弾や焼夷弾で敵の砲弾を破壊

対処法
敵を何体か倒せれば、通常の襲撃に切り替わります。狙撃銃か迫撃砲がいくつかあれば、それほど難しくはありません。
山岳地形の場合、狙撃銃で狙いにくい位置に敵が迫撃砲を建設することもありますので、こちらも迫撃砲中心で攻撃した方が安定します。敵を狙うより、敵の砲弾を狙うと良いです。

汚染された船・サイキック船

敵の行動
落下した古代宇宙船を攻撃すると、中から機械化ランス・機械化カマキリ・機械化ムカデが出てきます。この機械化生命体は、古代船の周囲から離れようとしません。
攻撃方法評価コメント
防衛ライン古代船から誘導した際に活躍
待機ペット防衛ラインで待機すると良い
突撃ペットペットを囮に短期決戦もあり
遠距離攻撃防衛ラインに誘導するのに有効
迫撃砲砲弾が余っているなら

対処法
基本は、遠距離から狙撃銃で攻撃し、防衛ラインまで敵を誘導する方法です。敵は、一定時間追跡すると古代船に戻ろうとしますので、逃げては攻撃し、逃げては攻撃し、徐々に防衛ラインまで引き寄せます。機械化ランスと機械化カマキリは、特に誘導しやすいです。砲弾に余裕がある場合は、狙撃銃の代わりに迫撃砲で攻撃するのも良いです。
古代船の近くで戦う方法もあるのですが、こちらにもそれなりに被害が出ます。ペットや手榴弾(EMP)を利用すれば、入植者の被害は減らせます。
古代船を落下させない裏技もあります。

虫の襲来

敵の行動
岩天井(岩盤)がある洞窟部分や深部ドリルマシン使用中に、虫が湧くことがあります。この虫は、人とペットと電気機器を優先的に攻撃します。それらがない場合は、扉や壁を攻撃します。虫の巣があると、そこから定期的に新たな虫が湧きます。
攻撃方法評価コメント
防衛ライン発生場所によっては罠で撃退可能
待機ペット敵の侵入経路が分かりやすい
突撃ペット拠点内で発生した場合の最終手段
遠距離攻撃開けた場所で発生することは少ない
迫撃砲×当たらないか、そもそも攻撃範囲外か

対処法
虫は意外と強いので、発生させないことの方が重要です。洞窟内に拠点を作らなければ、ほぼ遭遇する機会はありません。まれに深部ドリルマシン使用中に発生しますが、そこが防衛ラインの外なら、そのまま防衛ラインのスパイクトラップで倒せます。
あえて洞窟内に拠点を作った場合は、リリースや制限ゾーンを利用してペットをぶつけるのが良いです。ペットに大きな被害が出ますが、その分、入植者の被害が減ります。
虫の湧く場所を正確にコントロールできる方なら、虫の火攻めという方法もあります。

輸送ポッド頭上

敵の行動
輸送ポッドで直接拠点内に侵入します。敵の人数は少なめです。輸送ポッドが人や動物に当たると、即死することもあります。
攻撃方法評価コメント
防衛ライン×防衛ラインには来ない
待機ペット狭い部屋では効果的
突撃ペット分散した敵を各個撃破
遠距離攻撃中近距離で撃ち合うことが多い
迫撃砲×近すぎて狙えない

対処法
まずは時間を止め、輸送ポッドの影を確認し、どこに落ちるか確認します。資産価値の高い場所(備蓄ゾーンか作業部屋)に落ちることが多いようです。敵は壁で分断されることが多いので、倒しやすい敵から撃破し、確実に数を減らしていきます。リリースを調教したペットがいると、効率的に倒せます。
この襲撃タイプで重要なことは、普段の準備です。拠点内に扉を増やせば、色々な場所から銃口を向けることができます。普段から自動式ショットガンやチャージライフルを装備させておければ、中近距離戦に強いです。狙撃銃などは、敵のタイプを確認してから装備させても間に合います。
意外と面倒なのが、拠点と防衛ラインの間に侵入された場合です。農作物に放火されると、敵と交戦している間にどんどん燃え広がります。農業ゾーンに火災対策をしておくのも良いです。

前哨基地・お宝イベント

敵の行動
ワールドマップにある敵の前哨基地は、敵とタレットによって守られています。全ての敵を排除するのが、イベントの達成条件です。
対処法
事前に交易で[凶暴の波動]を買っておくと、前哨基地の破壊が非常に楽になります。動物の少ない土地以外で絶大な戦法です。
前哨基地に着いたら、木を伐採し、小部屋を作って、その中で[凶暴の波動]を発動させます。小部屋の扉を禁止にし、部屋の中から出なければ、マップ上の動物は敵だけを攻撃します。その後も部屋の中にとどまり続ければ、全動物の殺人鬼化が終わった瞬間にクリアになります。
軌道爆撃照準器や軌道ビーム照準器を使う方法もありますが、こちらは発動するまでに敵の反撃を受けますし、攻撃範囲から漏れた敵を倒す必要もありますので、それなりに被害が出ます。
砂漠や大氷原のような動物が少ない土地では、狙撃銃で敵を攻撃し、有利な地形に誘い込んで、そこからガトリング銃やチャージライフルで攻撃すると良いです。敵を全て倒したら、後は遠距離からタレットか発電機かバッテリーを破壊するだけです。発電機を破壊すれば、タレットを持ち帰ることもできます。

襲撃テスト

[オプション]の[開発者モード]にチェックを入れると、画面上端にメニューが出現します。これを利用することで、色々なことがテストできます。

メニューの右から2番目の[Toggle god mode]をクリックすると、選んだ建築が即時完成します。思い付いた防衛をテストするのに便利です。

その他の便利な機能は、真ん中の[Open debug actions menu.]にあります。[Try place nearthing...]で、アイテムを出現させることができます。[T:Destroy]は、動植物も壁もアイテムも汚れも全て削除します。

襲撃テストで便利なのが、[Execute raid with specifics...]です。次に選ぶのが襲撃者の派閥で、その次が襲撃の規模です。その次が襲撃方法で、[ImmediateAttack]がすぐに侵攻するタイプ、[StageThenAttack]がしばらくしてから侵攻するタイプ、[ImmediateAttackSmart]が狡猾なタイプ、[ImmediateAttackSappers]がトンネルタイプ、[Siege]が包囲タイプです。最後が侵入方法で、[-Random-]はランダム、[EdgeWalkIn]がマップ端からの徒歩侵入、[EdgeDrop]はマップ端への輸送ポッド、[EdgeWalkInGroups]はマップ端2・3か所からの徒歩侵入、[EdgeDropGroups]はマップ端2・3か所への輸送ポッド、[CenterDrop]は頭上タイプの輸送ポッド、[RandomDrop]はバラバラにくる輸送ポッドです。

その他の襲撃イベントは、[Do incident w/ point (Map)]にあります。[PoisonShipPartCrash][PsychicEmanatorShipPartCrash]が古代船、[ManhunterPack]はヒト狩り集団です。

まずはセーブし、テストとロードを繰り返せば、短時間で様々な防衛と襲撃をテストをできます。