温帯森林拠点の実例1.3

管理人がどのような順序で拠点を作成しているのか、その実例をご紹介します。反省点は赤字で追記します。

温帯森林拠点の実例1.3

1.3の注意点

設計図

開始時の設定

初期入植者

1年目春6日:マップ端拠点

1年目春7日:部屋と作業速度

1年目夏1日:農業

1年目秋3日:動物の反撃率上昇を利用

草食動物を戦わせる防衛の検証

1年目秋5日:全体紹介

1年目冬4日:太古の脅威の利用法

1年目冬5日:虫の襲来、虫の手なずけ

1年目冬15日:輸送ポッド頭上

2年目春8日:防衛の全体図

2年目春11日:メカノイド破壊タイプに奇襲

2年目春13日:メカノイド破壊タイプに挟撃

2年目夏1日:反応炉起動、トンネル襲来

2年目夏2日:弱点方向からメカノイド破壊タイプ

2年目夏3日:メカノイド破壊タイプ、虫全滅

2年目夏4日:メカノイド破壊タイプに奇襲

2年目夏5日:宙賊破壊タイプに誘導失敗

2年目夏6日:メカノイド破壊タイプ2つの同時襲撃

2年目夏9日:破壊タイプの攻撃目標の推測方法

2年目夏9日:メカノイド破壊タイプに奇襲

2年目夏11日:包囲+破壊

2年目夏14日:破壊タイプの誘導に失敗しても奇襲

2年目夏15日:蛮族破壊タイプは出城で快勝

2年目夏15日:反応炉準備完了、資産データ

追加検証1:拠点南の防衛

追加検証2:拠点南東の防衛

追加検証3:拠点東の防衛

総括

その他の環境の実例

実例Version気候コンセプト
初心者向け実例解説1.11.1.2618温帯森林裏技等不使用
初心者向け実例解説1.31.3.3080サバンナ大農園,出城
温帯森林拠点の実例(旧)1.0.2231温帯森林大規模農業
温帯森林拠点の実例1.01.0.2408温帯森林トンネル対策
温帯森林拠点の実例1.31.3.3067温帯森林破壊誘導
ネイキッドの実例1.01.0.2282針葉樹林トンネル誘導
砂漠ネイキッドの実例1.31.3.3087極限砂漠大農園,植林
大氷原拠点の実例1.01.0.2282大氷原タレット迎撃
大氷原拠点の実例1.11.1.2654大氷原陽動防衛
大氷原拠点の実例1.31.3.3074大氷原家畜壁,出城
海氷拠点の実例(旧)1.0.2282海氷敵拠点で収奪
海氷拠点の実例1.01.0.2408海氷運に頼らない
着陸した宇宙船の実例1.0.2282針葉樹林
熱帯雨林
1年でクリア
単身クリアの実例1.01.0.2282サバンナ連続襲撃回避
単身クリアの実例1.21.2.2900温帯森林火攻め
格闘縛りの実例1.0.2282ツンドラ近接攻撃のみ
壁扉なし拠点の実例1.0.2408熱帯雨林野外拠点
1.1新要素の活用例1.1.2552サバンナ幻の一品量産
煙幕突撃
天下統一の実例1.1.2561温帯森林敵派閥全滅
問題児拠点の実例1.1.2624砂漠拠点外屋根化
収穫0%拠点の実例1.2.2753ツンドラ拠点外屋根化
戦闘禁止プレイの実例1.21.2.2753温帯森林人の戦闘禁止
戦闘禁止プレイの実例1.31.3.3326熱帯雨林大量の象と槍
更なる絶望の実例1.1.2570サバンナトンネルvs虫
更なる絶望の実例21.1.2570温帯森林寝室防衛
脅威の規模500%の実例1.2.2719温帯森林カスタム検証
永久死の灰の実例1.2.2900温帯森林シナリオ改造
連日襲撃の実例1.2.2900温帯森林襲撃中も作業
喧嘩民族拠点の実例1.2.2900針葉樹林別居
永住拠点の実例1.21.2.2900温帯森林敵派閥全滅
古代船封じ
洞窟永住拠点の実例1.3.3287温帯森林岩盤バリアー
1.3新要素の活用例1.3.3056熱帯雨林新要素確認
帝国クリアの実例
(帝国クエストクリア)
1.3.3117
Royalty
砂漠Royalty紹介
スキップ防衛
反帝国プレイの実例
(宇宙船建築クリア)
1.3.3117
Royalty
温帯森林派閥数調整
帝国と敵対
超能力部族の実例
(着陸した宇宙船クリア)
1.3.3117
Royalty
温帯森林研究禁止
アニマツリー
ねこMODの実例1.3.3200温帯湿地NekoWorld

新しい実例ほど洗練されています。また、バージョンアップにより使えなくなった攻略方法もあります。基本的に新しい実例ほど参考になると思います。

1.3の注意点

約半数のペットが制限ゾーンを使えなくなりました。手なずけやすく、戦闘でも活躍できるペットは、ゾウくらいですので、ゾウの出現しない気候は、以前よりも難易度が上がりました。

1.3新要素の活用例の時はゾウ集団を活用しましたが、今回はゾウに頼らない防衛に挑戦します。チャンスがあったら、虫の手なずけにも挑戦してみます。

設計図

               ■■■■■ ■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 開■■■■■■■■■■■■■■
■タ                閉 ■
■      ■■■■■■■■■■■■ ■■■■■■
■     ■障 障■障 障■障 障■ ■ ■ ■ ■
■    ■障開■開障開■開障開■開障 閉      閉
■   ■  ■ ■■■ ■■■ 閉■■■■ ■ ■ ■■■■充電
■  ■障 ■□ド□□□研□□□溶□┌─┐■閉■冷■冷■■■■■■充
■ ■障開■□ □□□□□□□ ○机│ │  □肉□     ■■電
■ ■ ■ ミ道□通○ポー台台 ○机│ │           ■■
■ ■障開■□具□□○カー寝寝寝台○└┬┘           ■■
■ ■■障■□□アナ巨大台寝 寝台 閉             ■■
■ ■障開■□□ライ彫刻 寝寝寝台■閉■            ■■
■ ■ ■ 研□    薬台台箪笥冷 冷     冷凍室    ■■
■ ■障開■□□ ビリ 薬■■換■■冷■            ■■
■ ■■障■□□ ヤー 閉      ■■           ■■
■ ■障開■□□ ド台 ■  囚人  ■■           ■■
■ ■ ■ 石精    ■  部屋  ■■          ■■■
閉    閉□□閉■■■        閉          閉 閉
■ ■  ■■■ ■■■■■■■■■■■ ■■■■■■■■■■■■■
■    ■■■閉   ■■■■■■■■閉■■■■■■■■■■■■■
■ ■  ■                           閉
■    ■                           ■
■    ■                           ■
■    ■                           ■
■    ■           備蓄部屋            ■
■    ■                           ■
■    ■                           ■
■    ■                           ■
■    ■                           ■
■    ■                           閉
■     ■■■■閉■■■■■■■■■■■■■■■■閉■■■■■■
■           ┏━━┓┏━━┓┏━━━━━┓□□□□□□ タ
■           ┃  ┃┃  ┃┃     ┃□□□□□□
■     ┏━━━━┓┗━━┛┗━━┛┃ 反応炉 ┃□□地熱□□
■   タ ┗━━━━┛┏┓┏┓┏━━┓┃     ┃□□発電□□
■           ┗┛┗┛┃  ┃┃     ┃□□□□□□
■               ┗━━┛┗━━━━━┛□□□□□□
■■■■■■■■■■■■■■■閉■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

これはプレイ開始前に作成した設計図です。横幅が収まり切らなかったので、右端を少しだけ切りました。

1.3新要素の活用例と基本的に同じですが、拠点の位置や拠点外が異なります。

バリケードの速度低下効果が土のうと同レベルに弱体化されていました。その代わり、フェンスが以前のバリケード並に乗り越えるのが遅いです。敵の侵入を遅らせる目的なら、フェンスが最適です。フェンスは材料も建築工数も少ないので、その点でも優秀です。

開始時の設定

day0

 Version 1.3.3067
 シナリオ:不時着
 AIストーリーテラー:カサンドラ
 難易度:勝ち目のない楽しさ
 シード値:虫
 降下地点:33.41N 2.11W

難易度以外は初期設定で開始します。MODも不使用です。この実例と同じシード値と降下地点を選べば、全く同じ環境でプレイできます。ただし、今後のアップデートによって、同じシード値でも地形が変わる可能性があります。

初期入植者

day0

チャンスがあったら虫を手なずけてみたいので、屈強と動物スキルがある人物を探しました。格闘が得意でないこと以外は、ほぼ希望通りの人材です。

day0

建築担当と栽培担当が同一人物だと、狂暴の波動で敵拠点を攻める際に作業が効率的です。序盤の負担が大きいのですが、勤労者があるので、何とかなるでしょう。

day0

上2人が得意でない、医術と社交の担当者を探しました。

1年目春6日 (入植者3名)

day1

これが今回のマップです。この画像を撮るため、一時的にMODのCamera+を利用しました。

破壊タイプは、使用者のいるベッドや寝床を目指して直線的に掘り進みますので、拠点をマップ端に作り、拠点外に家畜の寝床を密集させることで、拠点を傷つけられることなく敵を家畜の寝床に誘導できます。安全に誘導できる範囲が画像の黄色部分です。

マップ外周の赤色の部分から敵が来た場合に備え、その方面には時間稼ぎ用の壁も建築する予定です。

初期ペットはネコでした。制限ゾーンを使えるとは言え、服従しないので、全く戦力になりません。適当なタイミングで売る予定です。

1年目春7日 (入植者3名)

day2

周囲の岩壁を解体し、いきなり岩壁で拠点を作りました。RimWorld 1.3になって、解体した際に入手できる素材の量が減ったため、少しだけ時間がかかってしまいました。

冷凍室にする予定の部屋を今は備蓄部屋・作業部屋・寝室として利用しています。暗いと作業速度が下がるため、作業台の作業場所の部分にだけ天井を空けあります。

研究担当が2人いますので、この2人の時間割を調整し、昼夜二交代で研究させる予定です。

1年目夏1日 (入植者3名)

バッテリーの次にデビルストランドを研究し、春の間に植えましたが、この土地では成長し切る前に収穫することになるかも知れません。

day11

その後、米が収穫できたので、この日、交易でハスキーを買って来ました。便利なペットが減ったので、ハスキーには戦闘でも活躍してもらう予定です。

1年目夏3日 (入植者4名)

入植者加入イベントが発生したのですが、仕様が少し変わり、加入させるかどうか事前に選択できるようになっていました。しかし、入植者の能力は相変わらず確認できないので、結局は加入させてから判断することになります。

今回の場合、射撃と芸術にしか興味のない人物で、屈強と苦悩する芸術家と気に障る声が付いているのですが、腰痛持ちで、芸術スキル0でした。

とりあえず、ストーンカッターをさせていたのですが、いつ精神崩壊してもおかしくない状態まで心情が下がったので、すぐに追放しました。

1年目夏5日 (入植者3名)

防衛用の通路がほぼ完成した段階で殺人鬼化したアイベックスがやって来たのですが、以前と違い、バリケードを攻撃し始めました。ここでセーブして、開発者モードを使って検証したところ、バリケードは攻撃し、土のうは乗り越えました。

この翌日には襲撃が来たのですが、襲撃者は今まで通り、バリケードを乗り越えました。

この9日後にも殺人鬼が来たのですが、この時はバリケードを乗り越えました。バリケードを攻撃するのは不具合だと思うのですが、何かしらの条件がありそうです。

1年目秋3日 (入植者3名)

day28

RimWorld 1.3になって、野生動物の反撃率がおおむね高くなりました。トレーダーが来た時などに野生動物を攻撃すれば、トレーダーと交戦させて安全に狩れますし、運が良ければ倒れたトレーダーからアイテムを奪えます。

ただし、トレーダーに死者が出た場合は友好度が下がります。友好度が下がっても良い蛮族のトレーダーが来た時を狙うと良いです。

草食動物を戦わせる防衛の検証

day30

ここで、草食動物を戦わせる防衛を開発者モードを使って検証しました。画像のような狭い部屋に閉じ込めれば、中に入れた動物は斜めを通る襲撃者を攻撃してくれると思ったのですが、実際は素通りさせてしまうだけでした。

敵の進入路で放牧させた場合は戦ってくれたので、敵は進路を塞ぐ草食動物は攻撃し、草食動物は攻撃されたら反撃するAIなのでしょう。草食動物を安全に攻撃に参加させるのは不可能かも知れません。

また、この小部屋のすぐ東にタレットがあって、この方面からトンネルタイプに侵入されないようにしているのですが、閉じたフェンスゲートはタレットの射線を塞いでしまいます。つまり、この防衛はトンネル誘導にも失敗しています。

1年目秋5日 (入植者4名)

捕虜の勧誘に成功し、仲間が1人増えました。今日でちょうど半年です。ここで全体をご紹介します。

day30

拠点の建築は、あと壁を厚くするくらいです。研究は、装備関連を進めています。

画像では見にくいのですが、風力発電機の西隣にフェンスがあって、拠点北東を放牧地として利用できるようにしてあります。意外と重要な事ですが、フェンスゲートではタレットの射線を遮ってしまうので、タレットでトンネルタイプを誘導したい場合はフェンスが良いです。

ここで飼う動物として馬を計画しているのですが、まだマップに馬が出現していません。このまま数年馬が出ない可能性もあるので、とりあえずマッファローを手なずけるかも知れません。

ペットはハスキー4匹(子犬2匹)で、画像左上の部分に家畜の寝床を置いてあります。破壊タイプをここに集め、野戦をする予定です。破壊タイプ用の防衛と銃は、まだ準備できていません。

1年目冬4日 (入植者4名)

day44

太古の脅威の中には、メカノイドや虫がいて、そこのカプセルの中には古代人がいます。近距離での攻防になりますが、自動式ショットガンなどで迎え撃てば、特に強い敵ではありません。

画像のように、戦利品は結構豪華です。殺してしまった古代人は1人だけなので、その他の装備品も根こそぎ剥ぎ取ります。あらかじめ壁の隣に扉を作ってから入ると、中のアイテムが劣化するのを防ぐことができます。

ここには岩盤部分もあります。今回は虫を湧かせて、その虫を倒し、倒した虫を手なずけるのにも挑戦してみます。この狙いがあったため、わざわざ1年目に太古の脅威を襲いました。

1年目冬5日 (入植者4名)

早速、太古の脅威から虫の襲来が発生しました。RimWorld 1.3で虫の野生が大幅に下がり、メガスパイダーとスペロピードは運搬やリリースができますので、ペットとしてもなかなか優秀です。手順としては、虫を攻撃し、向かって来たら防衛陣地へ誘導し、そこで撃退します。

day45

問題はこの後の手なずけです。徴兵状態だと、倒れた虫を[運ぶ]コマンドが出ますが、これはまだ担いだ状態です。それから寝床に対し[寝床に寝かせる]を選ぶと、そこまで運ぶことができます。

意識のある虫を見ると入植者は逃げだすので、拠点のやや外に運ぶと良いです。虫は大怪我の状態にしておきたいので、治療もエサやりもしません。いっそのこと、寝床はすぐに解体した方が良いと思います。

day45

虫の意識が回復したら、怪我が癒える前にすぐに手なずけます。普通に虫に近づくと入植者は逃げだすので、徴兵状態で隣接し、徴兵を解除してすぐに手なずけます。動物スキル10なら、50%くらいの確率で成功します。手なずけ中に時々攻撃を受けますが、大怪我した虫なら弱く、今回の動物担当は屈強持ちなので、かすり傷程度で済みました。

今回の結果ですが、生き残った虫は4匹、1匹は意識回復後に破壊タイプ用の罠にかかって死に、2匹は手なずけに成功しました。もう1匹は死にそうだったので、薬品なしで治療して、意識が回復したら手なずけます。もう少しペットの虫を増やしたいのですが、虫の巣からちょろちょろ湧くのは面倒なので、虫の巣は解体しました。

1年目冬15日 (入植者4名)

食料不足になったので、皆で狩りをしよう(集団で連続して狩ると効率的)とした所、そこに輸送ポッド頭上の襲撃が来ました。

day55

ペットの多くは間に合わないと思い、入植者の1人を敵の真ん中で戦わせました。この人物は目に古傷が残ってしまいましたが、他の3人は無傷で勝利できました。

ペットは、ハスキー4匹がそれなりの怪我を負いました。ハスキーは打たれ弱いのに足が速いのに対し、虫は打たれ強いのに足が遅いので、このような結果になってしまいます。

2年目春8日 (入植者4名)

1年が経過しました。現在、宇宙船の研究中で、反応炉の素材は既にそろっています。武器は全員自動式ショットガンで、敵に合わせて近接武器やライフルに持ち替えます。ここからは防衛を中心にご紹介します。

day63

,鵬斑椶凌仮欧鯡集させています。破壊タイプはここを目指すと思われますので、,亮囲にスパイクトラップを置いてあります。予備のスパイクトラップも拠点内に大量に備蓄してあります。

△砲錬吋泪紘通路があり、人の破壊タイプが来たら通路入り口から敵を刺激し、通路内に引き入れます。事前の検証で通路内に入って来ることを確認していますが、まだ正確な挙動を把握していませんので、外から通路を破壊される可能性もあります。△失敗した場合やこの真東から破壊タイプが来た場合は、い之涎發靴泙后

メカノイドの破壊タイプが来た場合は、に並べた岩の塊の後ろから,惴けて銃撃します。△縫撻奪箸鮴ませておいて、リリースで敵の背後から襲うことで、入植者の被害を軽減します。

拠点は東端にありますので、イら破壊タイプが来た場合が最も危険です。木の壁で時間稼ぎし、その間に拠点東に並べた列柱に隠れ、突破された穴に向けて集中砲火します。

拠点南から人の破壊タイプが来た場合、Δ諒匹涼羆に隠れて、敵が自動式ショットガンの射程に入ったら壁端から一気に倒します。隠れたり出たりすることで、長距離の銃を持つ敵も近づけてから倒せるはずです。

拠点南からメカノイドの破壊タイプが来た場合、Г吠造戮心笋硫瑤慮紊蹐ら攻撃します。敵の編成によっては近寄るタイミングが難しくなると予想します。壁の後ろにペットを隠し、乱戦を挑むかも知れません。

トンネル対策も試行錯誤に時間がかかりましたので、破壊タイプ対策も同様に時間がかかることを覚悟しています。色々な防衛を試すのは、そのためです。

2年目春11日 (入植者4名)

マップ南西からメカノイドの破壊タイプが来ました。早速準備した防衛を試そうと思ったのですが、敵は機械化シロアリ1体、機械化カマキリ1体、機械化パイク4体という貧弱な構成なので、今回は途中で待ち伏せして奇襲することにしました。

day66

敵は、機械化シロアリを先頭に行軍しますので、画像のように隠れれば、自動式ショットガンで瞬殺できます。しかも、機械化シロアリが倒された後も敵の行動はゆっくりなので、順番に各個撃破していけば、軽傷で勝てます。

色々と破壊タイプ対策をしてきましたが、奇襲が最適解という可能性もありますし、アップデート直後でAIが弱いだけの可能性もありますし、たまたま機械化パイクが多かったから楽勝だった可能性もあります。奇襲で機械化シロアリを倒し、残りは拠点で迎撃するのも良さそうです。

結論はまだ出せませんが、とりあえず、道があるマップは敵の侵入経路が分かりやすくて良いです。

2年目春13日 (入植者4名)

マップ西からメカノイドの破壊タイプがやって来ました。今回は、機械化シロアリ1体、機械化ランス3体、機械化パイク1体で、遮蔽物のない方角からなので、当初の防衛で迎撃します。

day68

狙い通り家畜の寝床に誘導できたので、こちらも壁から出て岩の塊の後ろへ移動します。今度は敵の反応が早く、すぐさま全敵がこちらに撃って来ました。こちらも虫をリリースし、入植者は岩の後ろから応戦します。

戦闘配置に着く時にニードルガンを2発受けただけの完勝でしたが、これがレイルガンだったら、重体や欠損をしたかも知れません。虫は予想以上に強く、2匹は無傷、1匹がかすり傷程度でした。虫は、体力の割にサイズが小さく、アーマー性能もあるので、銃弾に強いです。

とりあえず、拠点を攻撃させないことには成功しましたが、飛び出すタイミングは虫と同時くらいの方が良かったですし、岩の塊も並びが良くありませんでした。

2年目夏1日 (入植者4名)

反応炉の研究と建築が終わり、早速起動しました。起動後は、15日間連続で襲撃が発生しますので、時間割で小まめに睡眠と娯楽を入れて、建築と掃除の優先順位を上げておくと良いです。

day71

初日の襲撃はトンネルタイプでした。トンネルタイプは既に攻略方法が確立しています。侵入口以外をタレットで守り、1マス幅通路で高威力武器で迎撃するだけです。

この防衛の場合、敵の背後から攻撃するのが特徴です。夜だったので動物は寝ていますが、それでも完勝できます。

2年目夏2日 (入植者4名)

day72

夜明け前にメカノイドの破壊タイプが来ました。出現場所がマップ南で、拠点のぎりぎり西側を北上して来ました。

敵を引き付けてから入植者と虫が同時に飛び出て戦ったのですが、虫1匹が死に、入植者1人と虫2匹がそれなりの怪我を負いました。怪我の内容を確認すると、機械化カマキリの近接攻撃と味方の誤射が多かったです。

虫は体力の割に体が小さいので、銃弾は当たりにくいのですが、近接攻撃には関係ありません。機械化カマキリとは相性が悪いです。前回は入植者と虫で挟み撃ちする形になったため、誤射はありませんでしたが、今回は虫の体越しに敵を撃つ場面が多かったため、誤射が発生してしまったのでしょう。

スパイクトラップや岩の塊の位置からも分かる通り、この角度から敵に攻められるのが弱点でした。

2年目夏3日 (入植者4名)

マップ南西からメカノイドの破壊タイプが来ました。奇襲しにくい方角からなので、家畜の寝床付近で防衛します。

day73

元々満身創痍だった虫2匹が死に、機械化カマキリに隣接された味方もそれなりの怪我を負いましたが、他の入植者は軽傷でした。

ペットをリリースする場合、やはり数が必要です。虫自体は強いのですが、手なずける機会が少ないですし、手間もかかりますので、とても主力としては期待できません。

今回はペットに近接を任せるつもりだったので、入植者は全員自動式ショットガンなのですが、やはり1人は近接役にした方が良かったかも知れません。

2年目夏4日 (入植者4名)

マップ北西からメカノイドの破壊タイプが来ました。この方角からなら、入植者だけで奇襲できます。

day74

事前に用意しておいた穴と壁を利用して迎撃したのですが、敵のチャージランスで1人の脚がもげ、もう1人の腕がもげました。被弾したのは全員合わせても4発だけだったので、戦い方自体は悪くないと思うのですが、高威力のチャージランスにはこのようなリスクがどうしてもあります。

ここまでの結果を振り返ると、機械化シロアリを警戒して野戦をした場合、機械化カマキリや機械化ランスに大怪我させられています。ライフル系で機械化シロアリを倒し、残りは防衛陣地まで引いて対処した方が良いかも知れません。

2年目夏5日 (入植者4名)

この日は普通のメカノイドでした。拠点の防衛陣地で迎撃できれば、無傷で勝てます。

そもそも、虫が死んだのも、入植者が欠損したのも、破壊タイプの割合が高いことが原因です。これが普通のバランスなのか、たまたま破壊タイプが頻発しているのか、原因は分かりません。

2年目夏5日 (入植者4名)

マップ北西から宙賊の破壊タイプがやって来ました。人の破壊タイプは今回初めてなので、ようやく家畜の寝床の隣にある出城を試せます。

day75

ところが、敵は家畜の寝床を素通りし、拠点のベッドを狙って来ました。虫が全滅し、家畜の総数が減ったことで、誘導が弱くなったのかも知れません。

こちらも急いで飛び出し、ハスキーもリリースします。敵は手榴弾4人、モロトフのカクテル3人、自動式ショットガン2人なので、カバーはほぼ意味がありません。ペットに誤射しにくい位置取りを意識しました。

2年目夏6日 (入植者4名)

マップ北東からメカノイドの破壊タイプが来て、その1時間後にマップ南西からメカノイドの破壊タイプが来ました。家畜の寝床の周辺で迎え撃っても、挟み撃ちに合います。主力部隊と時間稼ぎ部隊に分ける方法も考えましたが、操作や確認が非常に忙しいですし、完璧に対応しないと死人が複数出ます。

day76

こんな時は、狂暴の波動です。RimWorld 1.3で仕様が少し変わったのですが、今回は問題なく両方のメカノイドに攻撃してくれました。

画像南西のメカノイドはすぐに全滅しましたが、家畜の寝床の周辺のメカノイドはなかなか強く、全ての野生動物を倒してしまいそうだったので、途中から入植者も加勢してトドメを刺しました。

怪我はほぼないのですが、戦後処理が大変でした。アイテムや死体を回収していると、突然ボマロープが爆発しますし、スパイクトラップは起動や焼失でかなり減り、前日に傷付けられた壁の修理もまだ終わっていません。

2年目夏8日 (入植者4名)

蛮族の準備タイプが来て、この戦闘で囚人を1人捕らえました。

2年目夏9日 (入植者4名)

day79

RimWorldでは、できる限り斜めに移動し、それから横や縦に移動します。今回、マップ北西からメカノイドの破壊タイプが来たので、画像中央付近の岩陰から奇襲する予定だったのですが、敵の移動経路から入植者のベッドを狙っていることが判明したため、すぐに拠点北側の岩陰に移動し、ペットも出城に隠しました。あとは、十分に引き付けてから銃撃とリリースをするだけです。

岩陰に隠れるのは、敵がこちらを視認すると、こちらに対して攻撃を始めるためです。ぎりぎりまで隠れて、一気に飛び出ると、少なくとも先頭を走る機械化シロアリくらいは先制攻撃で倒せる可能性が高いです。

2年目夏9日 (入植者4名)

南西からメカノイドの破壊タイプが来ました。以前、その方向から来た敵に対する奇襲が上手くいったので、今回も同じ場所で対応します。

day79

この場所は、自動式ショットガンの射程で道まで届くので、敵を各個撃破しやすいです。機械化カマキリに隣接された入植者が途中でダウンしてしまいましたが、被害はそれくらいです。

2年目夏9日 (入植者4名)

day79

本日3度目の襲撃は普通のメカノイドでした。防衛通路で安全に攻撃できるのですが、1人はまだ意識不明で、ペットも気を付けないと寝てしまうので、通路出口まで到達されてしまいました。

ちなみに、夜にペットを起こす方法は、制限ゾーンを利用して移動させ、到着した直後に攻撃可能なら、そのまま起きて攻撃してくれます。ただし、敵を倒した後などにちょっとでも暇があると寝てしまうので、何度かこの作業をする必要があります。

バリケードの速度低下効果が土のうと同レベルに弱体化されていました。その代わり、フェンスが以前のバリケード並に乗り越えるのが遅いです。敵の侵入を遅らせる目的なら、フェンスが最適です。フェンスは材料も建築工数も少ないので、その点でも優秀です。

2年目夏11日 (入植者4名)

day81

マップ北東から宙賊の包囲タイプが来て、その1時間後にマップ北からメカノイド破壊タイプが来ました。敵同士が接触しない微妙な位置だったので、すぐにライフルを持って現地に赴き、メカノイドを刺激して宙賊の方へ誘導します。それと同時に迫撃砲で包囲タイプを狙います。

どちらの作戦も成功し、宙賊が包囲を止めてメカノイドと交戦しました。メカノイドを倒した宙賊も、拠点で安全に迎撃できました。来る順番が逆だったら、敵同士をぶつけるのが難しかったと思います。

2年目夏12日 (入植者4名)

この日も宙賊の包囲タイプが来たのですが、前回の敵から奪った強化バレルで迫撃砲が2門になり、普通に撃退できました。

今回は砲弾で強化バレルを破壊してしまったようで、大した戦利品はありませんでした。

2年目夏13日 (入植者4名)

この日も宙賊の包囲タイプで、今回は戦利品で強化バレルを2つ奪えました。

2年目夏14日 (入植者4名)

day84

南西からメカノイドの破壊タイプが来ました。いつもの場所で奇襲しようとしたら、敵がいつもよりも南のルートを進んで来ました。方角的に入植者のベッドを狙っているようです。

まずは画像の位置から機械化シロアリを集中攻撃します。シロアリの範囲攻撃にカバーは関係ないので、とにかくすぐに倒すことを優先しました。機械化シロアリさえ倒したら、少し西側に引いて、壁のカバーを利用して戦います。敵の何体かは拠点へ向かってしまいましたが、機械化シロアリ以外は壁破壊能力がないので、急ぐことはありません。最後はハスキーのリリースで敵の攻撃を封じて、近距離から自動式ショットガンでトドメを刺します。

今回のように、機械化シロアリが奇襲に適した地形の近くを通ってくれると、少ない被害で勝てるように思います。

2年目夏14日 (入植者4名)

二方向から蛮族のトンネルが来ました。逃げ遅れた子ハスキー1匹が死にましたが、被害はそれくらいです。

2年目夏15日 (入植者4名)

day85

マップ南西から蛮族の破壊タイプが来ました。今回は家畜の寝床に誘導できたので、ようやく出城を披露できます。

家畜の寝床に到着した敵は、次の目標として入植者のベッドを狙いますので、その前に出城の入り口から敵を攻撃します。破壊タイプの敵は、攻撃対象がいない時はベッドや寝床を目指して進みますが、攻撃されたら、人を攻撃しようとしてきます。敵が向かって来たら入植者も通路内部へ下がり、一斉射撃で倒します。

ブリーチアックスや手榴弾の敵にはこの方法で各個撃破できますので、人の破壊タイプには有効ですが、機械化シロアリは射程が長くて発射が早いので、通路に引き入れる前に出城を破壊されてしまいます。そのため、対メカノイド用に別の防衛が必要で、今回の場合なら家畜の寝床の南側に岩の塊を並べてあります。

この出城は家畜の寝床方面にしか攻撃できないので、拠点の壁に張り付かれた敵も攻撃できるよう、その方面に扉も作ってあります。

その他の細かな点ですが、以前、家畜の寝床の真南から来たメカノイドに苦労したので、家畜の寝床の南にもスパイクトラップを置きました。また、連続襲撃中にスパイクトラップを素早く設置するために、出城内までペットに運搬させて、そこから人が設置するようにしています。壁が破壊された時のために、岩ブロックも出城内に備蓄してあります。

2年目夏15日 (入植者4名)

反応炉の準備が完了しました。後は地道に研究と素材集めをすれば良いだけなので、クリアは確実です。ここで、今回の資産データをご紹介します。

day85

画像を縮尺したため、数字が潰れていますが、X軸の日数は9日おきで、Y軸の資産は約23500おきです。最終的な総資産は108333です。

建物資産が緑線、生物資産が青線、アイテム資産がオレンジ線です。防衛のための壁やスパイクトラップを大量に作ったので、いつもよりも建物資産が多くなってしまいました。包囲タイプの襲撃が連続した時期は、アイテム資産も急激に増加しました。

追加検証1:拠点南の防衛

拠点の真南から破壊タイプが来た時は、敵を家畜の寝床に誘導できないので、別の防衛を用意しました。実例プレイ中は試す機会がなかったので、開発者モードを使って襲撃を発生させました。

day

マップ端に木製壁を建築し、少しだけ時間稼ぎします。敵が壁内に入って来たら、入植者とペットが一気に近付いて、乱戦を挑みます。

結果は、頭にチャージランスを受けた1人がダウンしましたが、それ以外は軽傷でした。しかし、機械化パイクが多い敵の編成にしては、被害が大きかったように思います。全く使えない防衛ではありませんが、このままでは不安です。

追加検証2:拠点南東の防衛

拠点の南東から破壊タイプが来た時の防衛を開発者モードを使って検証します。

day

作戦は単純です。木製壁で時間稼ぎしている間に準備し、敵が侵入したら入植者が岩の塊から攻撃し、その間にペットをリリースします。しかし、敵は主にハスキーを狙ったため、岩の塊がほとんど意味なく、ハスキーにはそれなりの被害が出ました。

今回は温帯森林なので何とか機能していますが、移動速度の下がる海氷や大氷原だったら、もっと被害が大きくなったことでしょう。

追加検証3:拠点東の防衛

拠点の東から破壊タイプが来た時の防衛を開発者モードを使って検証します。

day

拠点がマップ東端に非常に近いため、二重壁で時間を稼ぎ、列柱の後ろから攻撃する作戦だったのですが、機械化シロアリに次々と壁を破壊され、しかもこちらからは機械化シロアリを狙いにくいという大失敗でした。敵が侵入してきた時に備えてスパイクトラップを並べたのですが、むしろ入植者が動きにくくなり、ペットの使用もためらってしまいました。

メカノイドの破壊タイプと人の破壊タイプの両方に対応するだけのスペースがなかったので、人への対応を優先してこのような防衛にしたのですが、やはりメカノイドとは戦いにくかったですし、人相手でも上手く機能したか疑問です。

結果としては、1人がダウンしただけですので、酷くはないのですが、拠点を囲う壁が破壊されたのが痛いです。この壁を修復する手間はもちろん、逃げだした家畜を連れ戻す手間もかかります。

総括

破壊タイプは、使用者のいるベッドや寝床を目指して進みます。この性質を利用して、拠点外に家畜の寝床を密集させれば、敵をそこへ誘導することができます。これが破壊誘導です。破壊誘導をすることで、拠点や宇宙船が破壊されるのを防ぐことができますし、そこで防衛に備えることもできます。

破壊誘導とスパイクトラップは相性が良いです。今回は温帯森林ということもあり、連続襲撃の前にコツコツと木製スパイクトラップを作りだめしておきました。連続襲撃前に備蓄分だけで100個くらいあったのに、反応炉の準備が完了した時は5つにまで減っていました。木のない土地でプレイしたら、今回よりも難易度が上がるでしょう。

破壊タイプでも、人とメカノイドで対応が異なります。

メカノイドの破壊タイプは、機械化シロアリの中距離範囲攻撃が厄介ですが、敵の数が少ないので、速攻で倒したり、ペットをリリースで隣接させたりすれば、特に問題はありませんでした。今回、敵の移動経路で待ち伏せして奇襲する方法と家畜の寝床近くで迎撃する方法の2つ試したのですが、奇襲は人だけでも対応できるのに対し、家畜の寝床近くでは十分なペットがいないと苦戦しました。

人の破壊タイプの場合、家畜の寝床の隣にある出城が成功しました。これは今後のスタンダードになるかも知れません。入植者のベッドを狙われた場合はペットを利用するしかなかったので、この対処法が今後の課題です。

今回、マップ端に拠点を作ることで、破壊誘導が可能な範囲を広げたのですが、破壊誘導できない方面から敵が出現した場合は防衛が難しくなります。ただ、開発者モードを使って何度も破壊タイプの襲撃を発生させてみたのですが、破壊誘導ができない方面から来たのは20回に1回くらいでしたので、このくらいならリスクとして受け入れるのも悪くないとは思います。

戦闘用のペットとしてハスキーと虫を利用したのですが、個体の強さよりも数の方が重要ということを再確認しました。最初にツガイで買ったハスキーは、徐々に繁殖して15匹まで増えましたが、虫は襲撃が1回、手なずけたのが3匹で、そこからは繁殖しませんでしたので、すぐに全滅しました。

武器は、選択肢として、ロングソード、自動式ショットガン、ライフルを考えていました。近接集団も強いのですが、連合体や宙賊の破壊タイプには相性が悪いと考えます。ライフルは、敵の射程外からじわじわと削っていける利点があるのですが、同時襲撃には対処できないと考え、今回は挑発目的に利用したくらいでした。